トリキュラー28の特徴|マーベロン28とトリキュラー28の違いは?二つのピルを比較しよう
手のひらの薬

トリキュラー28の特徴

テーブルの上の薬

では、次にトリキュラー28の特徴を見ていきましょう。
トリキュラー28は、現在国内で処方されている数が最も多く、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを配合する第2世代の低用量ピルの一つです。
マーベロン28が1相性ピルなのに対し、トリキュラー28は黄体ホルモンとノルエチステロンの量が3段階に変化する3相性ピルで、卵胞ホルモンとエチニルエストラジオールの量も3段階に変化します。
レボノルゲストレルの作用で子宮内膜が安定するため、服用中の不正出血の頻度が少なく、休薬中の月経がきちんと起こるという特徴があります。
身体にかかる負担も小さく、胎児への影響も少ないため、女性の身体に優しい低用量ピルといえるでしょう。
製造販売元はバイエル薬品株式会社という会社で、マーベロン同様にトリキュラー28の他にトリキュラー21という種類がありますが、これは偽薬7錠分の有無という違いがあります。

マーベロン28と比較すると、トリキュラー28はマーベロン28に比べ、ホルモンの配合量を可能な限り下げているため、副作用も低減されています。
そのため安全性が高い低用量ピルとして有名ですが、服用を始めた頃には副作用的な悪心や頭痛、下腹部の痛みや吐き気などが起きる場合があるようです。
心配になるかもしれませんが、これはホルモン環境の一時的な変化によって起きるもので、ほとんどの場合は服用を続けるうちに軽減します。
しかし、これらの症状が長引いたり、重くなったりする場合は医師に相談するのが無難だといえます。