マーベロン28の特徴は?|マーベロン28とトリキュラー28の違いは?二つのピルを比較しよう
手のひらの薬

マーベロン28の特徴は?

たくさんの薬

マーベロン28は、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを配合する、第3世代の低用量ピルの一つです。
この第3世代の低用量ピルにはアンドロゲン作用を押さえる効果が高いという特徴があり、海外ではニキビの治療や多毛症の改善にも処方されています。

マーベロン28は1相性ピルという、錠剤に含まれているホルモンの量が全て同じになっている錠剤で、MSD株式会社という会社が製造販売元です。
そのため、偽薬以外であれば間違って隣の錠剤を飲んでも大丈夫のため、生理の周期を調節したいときにはわかりやすく便利といった特徴があります。
また、消退出血が極端に減ることがあり、ほとんど血液が出なくなる人もいますが、2日から3日程度で収まるのも、マーベロン28の特徴の一つです。
トリキュラー28との大きな違いは含まれている成分の量ですが、トリキュラー28に比べると服用を始めた時期にむくみや吐き気などの副作用が起こりやすいといった違いがあります。
副作用が起こりやすいという面に不安を感じる人は、トリキュラー28を選ぶといいかもしれません。
マーベロンにはマーベロン28の他にマーベロン21という種類がありますが、これは偽薬7錠分の違いで、成分はどちらも変わりません。

また、マーベロン28はホルモンバランスをリセットし、健やかなリズムを取り戻してくれる治療薬として、不妊治療の場でも処方されることがあるようです。
不妊治療でマーベロン28を出されると驚くかもしれませんが、きちんとした裏付けがあって行われている治療なので安心してくださいね。